住宅に関する税金

住宅に関する税金について

住宅に関する税金についての対策

住宅では、様々な税金が課税されるためあらかじめその対策を考えておく必要が生じます。固定資産税や不動産取得税などのように、一定の要件を満たせば減税が受けられるものがあります。しかしながら、こうしたものについては、住宅用の減税のルールを知っておかなければいけません。特に床面積が要件になるケースもあり、新築する場合にはあらかじめ床面積などの要件を確認するとともに、それ以外の条件も確認をしておく方がよいものです。こうした条件を知らずに建築してしまうと、万が一要件を満たさなかったときの税額の大きさに、びっくりするほどです。

住宅ローンを組むと節約に

住宅ローン減税を利用すると、毎年ローン残高の1%の税金が免除されます。ローン残高が3000万円ならば、30万円を節約できるということです。所得税を30万円も支払っていないという人は、住民税からも控除できます。給料収入を得ている人は、すでに源泉徴収がされているので、確定申告をすることで払いすぎた税金が戻ってきます。10年間で最大400万円が控除されるので、かなりの節税効果があります。しかし、住宅ローン控除は他の制度と併用ができなかったりするので、家を住み替える人などは、よく下調べをして、なるべく専門家のアドバイスを受けておくのがよいでしょう。

↑PAGE TOP