住宅の贈与をする際

住宅の贈与をする際に知るべき事

住宅の贈与と税金の支払

住宅の贈与をする際には、高額な税金の支払いが必要となることがあるため、経験豊富な税理士が在籍している事務所に問い合わせをすることがとても大切です。特に、物件の価値を理解するためには、複数の不動産会社のスタッフから助言を受けることはもちろんのこと、様々な雑誌の特集に目を向けることがおすすめです。ニーズの高い物件の贈与の方法に関しては、実に様々なメディアで紹介が行われることがあるため、少しでも迷っていることがあれば、大手の住宅メーカーのスタッフと話し合いをすることで、いつでも余裕を持って対応をすることができます。

住宅の税金の種類と負担調整措置

住宅の税金には、毎年1月1日の時点で登記簿上の所有者に対して土地と建物別々に請求される固定資産税と都市計画税があり、3年に1度見直される土地と建物の評価額に固定資産税と都市計画税の税率をかけた税額を納税する必要があります。現在では、認定長期優良住宅や耐震化のための建替え及び改修、バリアフリーへの改修、省エネ改修など固定資産税を減免する制度が拡充されています。又、固定資産税には負担水準の公平性を維持するために負担調整措置が行われ、負担水準の低い地域は徐々に増額されるので確認しておく必要があります。

↑PAGE TOP