住宅を安く買いたい

住宅を安く買うために

住宅ローンによる税金の還付

現在は、史上最低水準の金利が適用されているだけで無く、住宅ローン減税など税制面でもバックアップされているのでマイホームの購入には最も適している時期です。住宅ローン減税は、新居に転居初年度は確定申告する事で所得税などの税金の還付を10年にわたり受ける事が出来、2年目以降は通常の年末調整の提出で還付を受ける事が出来ます。還付を受けるにには、確定申告書や借入金等特別控除額の計算明細書、住民票の写し、借入金の融資額残高証明書、家屋・土地等の登記事項証明書、不動産売買契約書、源泉徴収票などの書類が必要です。

土地や建物にかかる税金

住宅を維持する為にかかる税金として主なものに固定資産税が挙げられます。これは持ち家に毎年課税されるもので、建物と土地それぞれに課税されるのが特徴です。年に一回の支払いとなり、一括で支払うことも分割で支払うこともできます。住宅の広さや仕様、土地の路線価などによって課税される金額は異なり、現金で支払う他インターネットを通してクレジットカードで支払うこともできます。家を新築した場合は、数年間減税される制度がありますので、その期間は税額は安くなります。固定資産税は、その年の1月1日に土地や建物を所有している人に課税されます。

↑PAGE TOP